タグ別アーカイブ: 火傷

日焼け後の顔等のケア

どれだけ顔を日焼けしないように守ろうと対策を徹底しても、紫外線を100%カットすることは不可能です。

それでは、もし紫外線を浴びて日焼けしてしまった場合のケアはどのように行えば良いのでしょうか。

今回は顔を始めとした、日焼け後のケアについて紹介していきます。

まず顔のケアにおいて最も大切なことは、それ以上日焼けをしないように対策をすることです。

紫外線は浴びれば浴びるほど、日焼けすればするほどに顔や首、またそれ以外の部位の皮膚に負担がかかります。

それは美容や健康に悪影響が及ぶリスクが高まることと同じ意味です。

そして日焼けとは火傷と同じです。

つまりシャワーを浴びる時の温度が熱いと、症状がより悪化する可能性があるということです。

ケアと言うよりも治療と言う方が適切かもしれませんが、顔や首等の日焼けした部位は冷水や濡れタオル、氷で冷やして炎症を抑えるようにしましょう。

この時は、長時間同じ部位を冷やしていて低温火傷になったり、体自体を冷やし過ぎたりしないように注意しましょう。