作成者別アーカイブ: 磯仁

顔のケアは日焼け後に

日焼け後、しばらくすると皮が剥けてきますよね。

1か所が剥け始めると、剥がせそうなところは顔から何から全て剥がしたくなる人は大勢いるでしょう。

しかし、無理に剥がしてしまうとケアのかい無くシミの原因になってしまう為、顔や腕等、お肌に良いことはありません。

日焼け後に皮が剥けるのは、焼けた皮膚の下に新しい皮膚が出来る為、不要な皮膚が剥れるということです。

新しい皮膚の準備がまだの内に上の皮を無理やり剥がすということは、無防備な弱い皮膚が突然表に晒されるということなのです。

その為、顔や腕、首等の気になる箇所も無理矢理剥いてはいけません。

まだら状態のお肌はやはりまだらに焼けるかもしれない、と思って剥いてしまうのかもしれません。

そうではなく、日常生活でもきちんと日焼け止めを塗ってケアをするが大切です。

また、日焼け後の顔や腕の皮膚はするっと剥ける人もいれば、垢のように細かく剥ける人もいる等、日焼けの状態や肌で個人差が出てきます。

日焼けした顔等の肌は必ずきれいに剥け落ちる為、自分のペースでしっかり肌のケアをして回復を待ちましょう。

日焼けと顔とケアメイク

休日に思いっきり遊んだ後、夜のケアで思っていたより顔が日焼けしていてびっくりした経験は、女性なら一度はあるのではないでしょうか

休日に日焼けをすると、休み明けの仕事でメイクに困ってしまいますよね。

顔の日焼けがヒドい時はなるべく顔の皮膚を刺激しないように、ケアの意味も込めてメイクも抑えたいところです。

しかしさすがにノーメイクというわけにもいきません。

そこで日焼け後は次の3点に木を付けましょう。

1. 保水はいつもの倍・2.メイクは肌をケア&保護してから・3. ファンデーションはなるべく薄く塗る。

朝の顔のケアにかける時間を、いつもより少し早起きして5分増やしましょう。

コットンパックなどで顔を十分に保水し、乳液や美容液などで肌を守ってからメイクに入るようにします。

保水や保湿足りないとメイクもうまく乗りません。

顔の基礎ケアにしっかり時間をかけて、肌の広い部分はファンデーションで軽く押さえるくらいが日焼け後の肌にかける負担も少なくて済みます。

日焼けの顔のケア方法

一番体の中で日焼けしやすいお顔のケアは皆さん気になるところではないでしょうか。

しかしケアで大切なのは日焼けした顔だけではありません。

今回は、日焼け後のケアについて全体的な説明をします。

日焼け後のケアで大切なのはまず冷やすことです。

その次段階は、乾燥を防止の為の保湿です。

顔全体に化粧水で水分を与え、逃がさないように乳液や美容液で守ることまでが保湿です。

顔に水をかけるだけでは保湿にならないので注意しましょう。

顔に熱を持っている状態で化粧水をつけようとすると沁みることがあります。

そんな時は化粧水のケアではなくまず冷やすことに専念して下さい。

また、日焼けで身体や顔が火照っていると喉が渇いて水分を摂りたくなるはずです。

汗をかいた時は水分だけでなくミネラルも不足している為、水より吸収の良いスポーツドリンクの方がお勧めです。

ただし、一気に飲みすぎると糖分過剰摂取になり、また胃にも負担がかかります。

一気のみではなく、一口ずつ飲むように心掛けましょう。

顔を日焼けした時のケア

夏が近づくにつれて紫外線が強くなり、顔や首等の日焼けの対策やケアも必要になってきました。

軽い日焼け程度であれば、顔を濡れタオルや氷で冷やしたり、活性酸素を除去するビタミンCやビタミンE、ポリフェノールといった栄養素を含んだ食品を摂取したりする等のケアでOKです。

しかし、紫外線を大量に浴びると水ぶくれになったり、皮膚の痛みが引かなかったりする場合があります。

そんな時は迅速に皮膚科を受診しましょう。

水ぶくれを破ってしまうと、そこから菌が入ることもあるので絶対に破らないようにしましょう。

紫外線で日焼けした顔のお肌等は水分量が激減している為、保湿クリームや保湿ローションなどで水分を補う等のケアも大切です。

しかし、日焼けしたお肌(特に顔などの敏感な部位)に化粧するということは化学物質を塗るということなので、ケアどころか症状をより悪化させる可能性があります。

日焼けが治まるまでは、難しいかもしれませんがノーメイクが顔に対する一番理想のケアなのです。

日焼け後の顔等のケア

どれだけ顔を日焼けしないように守ろうと対策を徹底しても、紫外線を100%カットすることは不可能です。

それでは、もし紫外線を浴びて日焼けしてしまった場合のケアはどのように行えば良いのでしょうか。

今回は顔を始めとした、日焼け後のケアについて紹介していきます。

まず顔のケアにおいて最も大切なことは、それ以上日焼けをしないように対策をすることです。

紫外線は浴びれば浴びるほど、日焼けすればするほどに顔や首、またそれ以外の部位の皮膚に負担がかかります。

それは美容や健康に悪影響が及ぶリスクが高まることと同じ意味です。

そして日焼けとは火傷と同じです。

つまりシャワーを浴びる時の温度が熱いと、症状がより悪化する可能性があるということです。

ケアと言うよりも治療と言う方が適切かもしれませんが、顔や首等の日焼けした部位は冷水や濡れタオル、氷で冷やして炎症を抑えるようにしましょう。

この時は、長時間同じ部位を冷やしていて低温火傷になったり、体自体を冷やし過ぎたりしないように注意しましょう。